九州の歴史観光スポットを、4コマフォトギャラリーと地図とともに紹介します。


マップのアイコンをクリックする

と、好きなところへ移動します。

左下の写真をクリックすると、

観光地の紹介ページへ進みます。


KKR 小倉城
福岡県北九州市小倉北区城内
1602年、細川忠興が、「唐造り」とよばれる全国唯一の珍しい天守閣を築城。 現在の天守は、1959年に在りし日の名城を再建したものです。

FKO 福岡城
福岡県福岡市中央区城内
1601年、黒田長政、福岡城の築城に着手。1607年、新城完成。 現在でも、国指定の重要文化財となっている多聞櫓などに、当時の様子が窺えます。

KRT 唐津城
佐賀県唐津市東城内
1602年、寺沢広隆、新城築城に着手。1608年、新城完成。 現在の天守は、1966年に慶長様式を取り入れ建てられたものです。

HRD 平戸城
長崎県平戸市岩の上町
1704年、松浦棟が平戸城を再築。1718年、平戸城完成。 現在の天守は、1962年に再建されたものです。

SMB 島原城
長崎県島原市城内
1618年、松倉重政が島原城の築城を開始。1624年、島原城完成。 現在の天守は、1964年に築城当時のように復元されたものです。

NKT 中津城
大分県中津市二ノ丁本丸
1588年、黒田官兵衛が、統治の拠点となる中津城の築城を開始。 現在の天守は、1964年に萩城天守をモデルとして建てられたものです。

KMM 熊本城
熊本県熊本市中央区本丸
1601年、加藤清正が新城築城に着手。1606年、新城落成。 日本三名城の一つとされ、石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが詰め込んだように建てられています。

UDZ 鵜戸神宮
宮崎県日南市宮浦3232
鵜戸神宮の本殿は、日南海岸の断崖絶壁の大きな洞窟内に建てられています。八棟造の朱塗りの色鮮やかな本殿は、県指定有形文化財とされています。

AD
AD